📩E-mail: 5th@5thconsul.com

EN / JP / TH

From Thursday_23rd July_最後になると信じているPre probation

Bymaria

From Thursday_23rd July_最後になると信じているPre probation



自粛期間が明けタイ国内の採用市場は
コロナの封じ込み成功と共に
緩やかに熱気を取り戻しているような気がしています



さて

7月に入って3回目のPre Probation weekに突入している弊社です

現在5人目となる候補者の自社採用を行なっているのですが

3回目に入る前に社内で議論が勃発しました


 

トレーニングに入るタイ人営業スタッフが吠えました

次は絶対にモチベーションが高く5日間で使用前期間を合格し

入社してくれる優秀な候補者以外の対応はしたくない!と

 


5日間一生懸命教えても入社という明確なゴールを達成出来ないのであれば

営業の鬼としてターゲット必達が目標の彼女にとっては

大変辛く先の見えない戦いとなってしまうようです

 


ということで社内の意見を洗い出し

下記の改善点を加えてみました


 

  1. 日給を800bahtから300bahtに減らす
    (ちょっと可哀想なので代わりに私がランチを提供しています)
    これによりただ日給を稼ぎに来ている新卒社員を省くのだそう
  2. 事前に入社意欲や理由を何度も確認し必要な説明を行う
    -他社と比較するのであれば他にも沢山チャンスがあると思うので
     このポジションは辞退して欲しいと伝える
    -入社意欲に懸念を持っている社員がいるので彼女を説得出来る意欲を
      説明できるか聞く
    -弊社への質問のレベルを確認する
  3. スタッフが隣に張り付く時間は1日最大1時間とする

         スタッフの負担軽減のために毎日私がトレーニングに入る

 


ということで上記をクリアにして始まった
今月3回目のPre probation中のスタッフの略歴です


チェンマイ大学出身の新卒 (チェンマイ大出身者は転職率が低いと言われていたりします)

GPA3.76 (試験で良い点数を取るのはゲームのようなので得意な方です、と微笑んでいました)

女性 (タイあるあるかもしれないのですが、弊社の社員は全員女性です)

日本語N3・英語もイケる

まだ何をしたいかは明確ではないが

 

 

彼女は過去に弊社のPre probationを受けたスタッフのお墨付きの友人でもあり

現在2日目なのですが今までの誰よりも卒なく課題をクリアするので

ほぼ倍速でプログラムを進めているのですが
とっても楽しいと言ってくれるので救われます


4連休を挟むので結果が出るのは来週の木曜日です

 

 

コロナ明けの怒涛のPre probationでは

残念ながら誰一人採用と至っていないのですが

プラスの面はインターン生が全員将来の候補者となることです

候補者の数ではなく質を重要視しているので
弊社から紹介できるスタッフは日頃から非常に限定的です


データベース内にも “紹介できません” マークがあって
数割の候補者にこのマークが付いてしまっています
(理由は転職理由や面談時の対応、過去の職場での評判など)


また “普通” マークもあって紹介は可能だが可もなく不可もない

というマークの付いてしまった候補者を紹介することもないので



1. 何かの分野において特筆する候補者
2. 誰がどうみても即採用したいと思わせる候補者
   =今すぐにポジションを探す


 

2タイプのみご紹介可能な候補者となりますが
現在就職して2年以内の場合はこれ以上のジョブホッパーを増やさないために
声を掛けないという社内ルールも設けているため
本当に”ご紹介できる1人”の重みは大きいのです


弊社のPre probationを受けてくれた時点で1に当てはまるので

インターンを終える際には1か2のマークがデータベースに記録されます



日々この1、2タイプの候補者探しに明け暮れているので

5日間掛かったとしても貴重な1人であり財産です




経営をする上で自分の中の絶対に譲れない何か

によって頭を悩ますことが多くあります



でも

なぜ譲れないのか理由を突き詰めてみると

幼稚な自分を守るためだったり
譲らないことが誰のためにもなっていなかったり


 

これは自粛期間中に感じていたことでもあるのですが

大切だと思っていたことの中には案外手放せることが沢山あって



どんどん脱ぎ捨てて周囲とのコンセンサスを新たに見出していくと

新しい世界が見え始めていくのです

 

やだな、変えたくない、譲れない

自分の中のそんな気持ちが教えてくれるのは

知らない間に作っていたマイルール
不要だったり本質とずれていたり、
時代に合わなかったりというものがゴロゴロしていそうです


先の見通しが適わない時代の変わり目において

もっともっと身軽になっていきたいと思います

 

 

では、From Thursday!
23rd July 2020

 

About the author

maria administrator